女の人

夏に最適なノベルティが勢揃い|売り上げアップに貢献

社内印刷ソフト導入には

名刺

経費と時間節減

これまで、名刺を外部発注するには幾つかの問題がありました。外部に印刷を依頼すれば、中3日は掛かりました。また、名刺は版を変える回数が多い印刷物です。版を変えるごとに、新たな版代も発生しました。最近では、版を必要としない印刷技術も開発されましたが、それでも、中1日ほどは要します。名刺の作成について、さらにコストダウンするには、社内印刷ソフトの導入が効果的です。名刺の用紙については、一定量以上を注文することでコストダウンに繋がります。社員200人以上の企業であれば、この方法でのコストダウンが可能で、費用対効果も大きくなります。ただ、社員が100人以下の中小企業においては、印刷ソフトでコストダウンは難しい状態です。印刷する量が少なければ、名刺一枚当たりの単価も高くなります。そのような会社では、オフセット印刷の名刺注文がお勧めです。版の必要ないオフセット印刷では、版代が掛かることがありません。内容の変更にも即座に対応してくれます。また、ネットで名刺の原稿を送信すると、次の日には発送してくれるサービスもあります。大手文具販売サイトでは、名刺の内容を入力できるようになっています。また、名刺の原紙を預けておくことで、内容の変更を随時行ってくれる印刷会社も結構あります。社員の必須アイテムのコストダウンには、色々な方法がありますが、企業の経営に見合った方法を取ることが望まれます。今や、名刺印刷を取り巻く環境は、大きく変化しています。